<筆者お勧めの歯医者情報>
はじめに、セルフデンタルケアを行う前に一度歯医者に行って口内の状態を見てもらうことをお勧めします。
私は大阪在住で様々な歯科医院をめぐっていました。
なので、腕の良い歯医者を良く知っています。
大阪で歯科治療を受けるなら吹田市の歯医者に行くと良いでしょう。
きっと口内環境を良くしてくれるアドバイスや治療を親身になって行てくれ、そのうち自分自身でデンタルケアを行えるようになります。

定期的に歯医者に赴き歯石や歯垢の除去を行うことで虫歯を予防するいわゆる予防歯科を行う人が増えています
ただ予防歯科に頼る前に自分でもできることが少なくありません。
予防歯科に赴いた際の歯科医療機関でもこの予防の観点から自宅等でもできる歯のメンテナンスについて、しっかりとした話をしてもらえますし実践も可能です。

まずは歯磨きですが歯ブラシの正しい使い方などを実践的に教えてもらえます。
教えてもらうとは言っても実際に歯磨きをするところを診てもらうわけではなくて、歯科衛生士の人などが患者に対して歯磨きを実際に行っていくものです。
このとき患者側に対してこの部分が歯磨きができない場合があるなどの指摘がなされます。
歯磨きのしにくい箇所への対応についても話がなされて上手な歯ブラシの使い方などの指導がなされるようになってきています。
歯磨きでは歯ブラシの歯茎などへの当て方や使い方などの指導が行われ、さらに歯ブラシへの歯磨き粉の付ける量などの細かいところまで話が及ぶこともしばしばあります。

歯磨きは三食毎食後に行うのが原則とされており歯科医衛生士や歯科医師からもその話がなされることが多くなってきました。
歯磨きのときには水を付けないようにすることなどの話がなされる場合もあり、こうした丁寧な指導を行って貰うことで患者側のデンタルケアへの意識付けを行っていると考えられています。

歯磨き以外のデンタルケアとは

デンタルフロス

歯磨き以外でもデンタルフロスの使い方を指導することも多いです。
歯磨き時と同様にデンタルフロスで歯と歯の間にたまったものを掻き出していくわけですが、ここまでなかなか出来ない人も少なくありません。
実践的にデンタルフロスを使ってみることで正しい使い方を学んでいきます。
このときに自宅などで使用するデンタルフロスについて使い方だけではなくそのタイミングなどの指導を行ってもらえます。
歯磨きとデンタルフロスをしっかりと行うことで自宅である程度はメンテナンスを行っていくことが鉄則です。

自宅で行うデンタルケアには限界がある

また、実際には自宅でできるケアには限界があります。
定期的に歯科医療機関に通院して歯のメンテナンスや検査などを受けることも欠かせない重要な事柄です。
歯科医療機関側では数ヶ月に一度の通院を指導する場合が多くなってきています。
そのため予約制の歯科医療機関が多くなっていることとそれまでに異常があれば早期の通院を指示する場合も多いですので、その指示に従って適切なケアを心掛けることが大事です。

デンタルフロスは食後必ず行うことを推奨

空の茶碗

自宅で行う予防歯科では歯磨きとデンタルフロスが欠かせません。
歯と歯の間にたまったものを取り除くことで虫歯予防などに繋げていきます。
ただし、全てが除去出来るわけではないので定期的な歯科診療所への通院が欠かせないとされています。

歯磨きとデンタルフロスを使っていくことで自宅でもある程度の予防歯科は可能な時代です。
しかしながらそれでも自分ではできているつもりでも磨き残しやデンタルフロスが届かない場合はあり得ます。
デンタルフロスを毎食後に行っていたとしてもデンタルケアが行き届かない可能性はあり得ます。
磨き残しなどの可能性やデンタルフロスが上手く使えていないために起こりえる歯肉炎歯周病などの病気を予防することが求められます。

歯医者側でも特に過去において歯周病になった患者に対しては、定期的に歯周ポケットの深さを測るなどしてチェックを行っています。
それでも毎回行う場合とそれほど頻回には行わないケースもあり、患者が自宅等においてしっかりと毎食後に必ず歯磨き及びデンタルフロスの利用を行うことで予防に努めることが大事とされる時代です。
毎食後の歯磨きやデンタルフロスの後にはデンタルリンスの使用を行う場合も増えてきました。
歯医者ではそこまでの話がない場合がありますが最後の仕上げとしてフッ素の塗布を行うことは一般的です。
歯磨き粉にもこのフッ素入りのものが増えてきています。

デンタルフロス中に歯ぐきから過度に出血したら

歯磨きやデンタルフロスの使用を毎食後に行っていく中で歯ぐきから出血する場合があります。
デンタルフロスの使用開始時以外でこのような出血が続く場合は注意が必要です。
このときには早めに歯科診療所を受診するように心掛け歯肉炎等の治療に早期にかかることが大事です。
病気は早期発見早期治療が鉄則であり、歯ぐきからの出血や重大な病気に繋がる可能性もあり得ますので早めに通院をして治療をすることが患者には求められます。
歯垢の除去でもデンタルフロスは有効ですが食後に行ってもなかなか全ては取り切れないのが実態です。
ましてや毎食後にデンタルフロスを使用しない場合にあっては歯垢がそのまま残ってしまう可能性もあります。
毎食後に行うように心掛けると共に昼間は仕事などで外にいる場合でも持参するようにして、食後のメンテナンスをしっかりと行えるようにすることが鉄則です。

歯磨きとデンタルフロス、また、場合によってはデンタルリンスの使用で健康的な歯をしっかりと残していくことが大事です。
このことが高齢になっても自分の歯でしっかりとものがかめることに繋がります。
さらには歯の疾患からの身体における別の疾患の予防にも繋がっていくものです。