頬を押さえる男性

歯肉炎とは、歯を構成する土台部分の一部である歯肉と呼ばれる部分に炎症を引き起こす病気です。
歯は歯周組織と呼ばれる部分によって支えられています。
歯周組織は歯肉・セメント質・歯槽骨および歯根膜が該当しますが、このうち歯肉に炎症が限局してみられる場合に歯肉炎と診断されます。

歯肉炎の症状としては、歯肉の部分が腫れて痛みを伴うことや歯の根元部分から出血がみられることが特徴です。
歯と歯茎の境目にポケットと呼ばれる病変部分ができ、そこに歯垢などの汚れが貯まることによって歯周病をよりひどくしてしまいます。
歯周病のうちでは歯肉炎は軽度ではあるのですが、だからといって放置しても自然治癒することはありません。
むしろ放置することによって自然治癒するどころか症状がより悪化して歯槽膿漏などのより症状の重い歯周病を引き起こしてしまいます。

こうした歯周病になってしまうと冷たいものなどを食べたときにしみて苦痛を訴えることがあります。
さらには歯の根元が激しく痛むなど様々な病気を引き起こすもととなり、歯が抜け落ちてしまうことも想定されるため歯科医院で早い段階での治療を受ける必要があるといえるでしょう。
歯肉炎は、歯周病のカウントダウンといえる病気です。

歯肉炎をどうやって検査するかについては、歯科医院でレントゲン検査を行うことで診断できます。
専門医の目視だけでもかなりの部分は確認できるのですが、より専門的な検査方法として歯と歯肉の境目のポケットを専用の器具を使用して深さなどを計る方法もあります。

主な歯肉炎の治療方法としては、こうした歯周病を進行させてしまう原因となっている歯垢や歯石の除去です。
歯石除去の方法については、スケーリングという方法があります。
スケーリングでは、スケーラーと呼ばれる専用の治療器具を使用して歯根の表面に付いた歯垢や歯石などを除去することで表面を滑らかにすることが可能です。
この治療方法によって、歯石が付きにくくなり歯周病を改善することができます。
ただし歯石は歯科医院で治療してもしばらく歯磨きなどを怠っているとまた出来てしまうため定期的なスケーリングを行う必要があるといえるでしょう。

歯肉炎のうちに治療してしまうことによって、症状を悪化させずに済ませることが可能です。
歯肉炎の段階では手術や投薬をする必要はありません。
ただ、予防方法としては歯磨きをしっかりと毎日行うことがとても重要といえます。