歯痛がひどい時にはその痛みを抑えるために痛み止めの薬を服用する機会が少なくありません。
こうした歯痛の痛み止めにしばしば使われることのある薬に、ボルタレンやロキソニンがあります。
ボルタレンはジクロフェナクを成分とし、ロキソニンはロキソプロフェンを成分とした薬ですが、いずれも非ステロイド性消炎鎮痛薬であり、解熱や消炎鎮痛に使用されています。
これらの薬の作用や効果については、痛みを発する物質であるプロスタグランジンを抑制することによって鎮痛をもたらすという点ではほぼ同じ作用をする薬です。

こうした作用からボルタレンやロキソニンは歯痛時の痛み止めとしても効果を発揮する薬であり、特にロキソニンについてはスイッチOTC医薬品として市販が認められていることから、痛みがあれば手軽に市販薬として購入しやすいという利点はあります。
しかしながら、もしも妊婦さんに歯痛がある場合には痛み止めを目的としてこれらの薬を服用した場合、重大な副作用を引き起こす可能性があるため注意が必要となります。

その重大な副作用について、痛みを発する物質であるプロスタグランジンは身体の炎症や損傷のシグナルを伝えるために過剰に放出されると痛みとして現れやすいために問題視されがちですが、本来は身体に悪影響を与えるものではなく、その働きとして血管拡張や血圧調節、子宮収縮などに関与する大切な物質でもあります。

これに対して、妊婦さんが歯痛の痛み止め目的でボルタレンやロキソニンを服用した場合、これらの薬の成分が母体の血流によって胎児へ運ばれる可能性があります。
そうなると薬の作用機序の性質から、胎児のプロスタグランジンの減少を引き起こしてしまうことに繋がるリスクがあります。
何故リスクであるかという理由ですが、胎児にとってプロスタグランジンは心臓からの血液を円滑に大動脈へ運ぶために動脈管を拡張させるなどの働きをしているとされているため、プロスタグランジンが減少してしまうと、この動脈管が収縮を起こして心臓からの血液が肺へ流れ込んでしまい、肺高血圧を引き起こすリスクが生じる可能性があるためです。
その他にも腎臓の機能低下、更にはこれらが原因で流産を引き起こしてしまう危険性があります。

このように、歯痛がある妊婦さんが痛み止めを目的としてボルタレンやロキソニンを服用した場合は、胎児へ危険な影響をもたらす可能性があるため、薬の剤形にかかわらず自己判断で安易にこれらを服用または使用することは避け、産婦人科の医師に相談した上で然るべき対処をしていく必要があります。